2022.12.09-国会

【法案提出】議員立法「心理的支配利用罪新設法案」を参議院に提出

 国民民主党は9日、議員立法「刑法及び組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一部を改正する法律案」(心理的支配利用罪新設法案)を参議院に提出した。

 心理的な支配を利用して財物を交付させる等の行為により、深刻な被害が発生していることを受け、本法案は心理的支配利用罪を新設するとともに、そうした行為が組織的に行われたときの法定刑の加重を行うもの。

 法案提出後、大塚耕平政務調査会長(参議院議員/愛知県)は記者団の取材に応じ、「本法案は悪質献金に関する国民民主党の考え方のベースであり、政府救済法案制定にあたって行われた実務者協議でも提案した。もし国民民主党の法案が成立すれば、刑法としての犯罪行為が規程され、財物的被害や犯罪被害者を救済しやすくなる」と述べた。

 法案提出には大塚耕平政務調査会長のほか、川合孝典幹事長代行(参議院議員/全国比例)、礒﨑哲史政務調査会長代理(衆議院議員/全国比例)、田中健国会対策副委員長(参議院議員/静岡4区)が参加した。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook