2021.01.21-政策

【申し入れ】 特措法等の改正に当たっての要望事項

国民民主党の舟山康江政調会長(参議院議員/山形)、足立信也新型コロナ対策本部長(参議院議員/大分)、矢田わか子両院議員総会長(参議院議員/全国比例)は21日、新型コロナウイルス感染症対策として重要課題となっている特措法、感染症法等の改正について、党の考え方を整理した要望書を政府に提出したました。

主な内容は、以下のとおり。(詳細は添付ファイルを参照ください)

  • 複数の法案を1本にまとめた「束ね法案」としないこと
  • まん延防止等重点措置の創設は緊急事態宣言の形骸化につながりかねないことから慎重に考えること
  • 事業者への十分なかつ事業規模別の補償を行うこと
  • 感染症法による入院措置に応じない場合や積極的疫学調査の拒否などに対する罰則の創設は再考すること

<関連記事>

【衆本会議】玉木雄一郎代表が政方針演説など政府4演説に対して代表質問

【募集】新型コロナ対策に関するパブコメ募集

【新型コロナ対策】申し入れに対する政府からの回答(1月8日)

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook