2021.07.03-選挙

【都議選】北多摩2区・興津秀憲候補「都と市と協働し地域の未来に全力投球」と最後の訴え

国民民主党公認、北多摩2区(国立市・国分寺市)より立候補したおきつ秀憲候補は3日、国分寺駅前で最後の訴えを行った。

興津秀憲候補は、「私は徹底的に政策論争を行い、生活に役立つ政治を目指している。長く生活してきた愛着のある地元発展のために、都と市と協働し、即戦力として国立市•国分寺市の未来を築くため全力投球する。コロナ禍で”WITHOUTコロナ”を目指し対策を練る必要がある。生活に苦労されている、ひとり親家庭・若年者・子供支援などの政策立案並びに政策実行が求められる。」と、地域に密着した政策議論を展開していくことを訴えた。また、「メンタルヘルスの支援を急ぎ充実させる。今ある命を守る事を最優先に生活改善を図り、生活を支える政策を徹底的に推進。子育ては、社会共助で守り育てていこう。介護も1人で背負わずに社会全体でやれば良い。孤独にさせない政策を推進したい。あなたは一人じゃない。一人にしない。させない。ならない。孤独解消に努めていく。」と、孤独対策への意気込みも語った。「私、興津秀憲は、都議会を変えるためにやってきた。明日はどうぞ興津と書いてほしい。どうぞよろしくお願いいたします。」自身への投票を呼びかけ、マイクを納めた。

興津秀憲候補の思いやプロフィールはこちら

また、選挙期間中は所属議員らが応援に駆けつけおきつ秀憲候補の支援を呼びかけた。以下、応援の一部を紹介する。

玉木雄一郎代表

「本日が最後の選挙戦。なんとか、私たちの仲間、国民民主党公認候補の興津秀憲を都政へ送っていただきたい。私たちは新たなスタートをしたばかりの政党だが、いろんな提案をし、それが数ヶ月後には実戦に移されるという実績を残してきた。しかしまだまだ問題は山積み。都と国が連携し、広域連携をしっかりしないと都民の命や健康を守ることができない。だから問題点を指摘した上で、対案をセットにするような政治家を増やしていかないと日本の政治は良くならない。今回の選挙、是非興津秀憲を皆さんの力で押し上げていただき、政策提案型、先導型の政治を国政だけでなく都政でも実現させてほしい。」

榛葉賀津也幹事長

「興津秀憲候補は、信頼と実績、そして経験の全てを併せ持った候補者。国分寺・国立の両市長から推薦をいただき、地域密着、地元に根差した活動をしてくれるだろう。批判だけに偏らない、パフォーマンスに徹しない、しっかりと議論して政策を提案していく。そんな国民民主党のスタンスは、都政にも必要だ。必ず皆様のお役に立てる候補が興津秀憲。どうかよろしくお願いしたい。」

矢田わか子副代表

「コロナ禍で、残念なことに自殺者が増えている。こんな悲しい選択をしなければならないなんて、何かがおかしいと思いませんか?若い女性の自殺も増えている。子供の自殺も。小中学生、そんな歳で自分で死ぬことを選択しなければならないなんて。緊急事態延長と聞くたびにドキッとする。親に、必要ない・出て行けと言われ、死を選択する。そんなことはおかしい、と、私たち大人が気づかなければいけない。あらゆる世代の孤立・孤独、そんな問題を解決する策を国民民主党は2年前から訴えている。そんな国民民主党の政策を、経験と実績のある興津候補にぜひ都政に届けてもらいたい。皆様の応援をお願いします。」

浜口誠企業団体委員長

「国民民主党は、正直な政治・偏らない政治・現実的な政治を貫いている。興津候補に都政に行っていただいて、そのスタンスを都政にも根付かせてほしい。地域に密着した現実的な政策を進めることが、興津さんならできると信じている。国立・国分寺の皆さんのために、全力で都政を良くしていきます。」

浅野哲国民運動局長

「ついに東京都議会選挙最終日を迎えた。どうか興津秀憲の名前を覚えて帰っていただきたい。皆様のご期待に間違いなく答えられる候補が興津秀憲だ。国民民主党は提案力があり、その提案を必ず実現する政党。この提案力をわたしは皆様に知って頂きたい。必ず大きく成長し、大きな力でお返しする。私たち国民民主党と想いを共有し、皆様に訴えてきた、そしてこれからそれを都政につなげるために、興津候補に1票を託してほしい。興津秀憲は国民民主党のスタンスを持って、この国分寺・国立に住んでる皆様のために、この地域の、この国の未来の課題を解決していく。どうか、興津候補を皆様の力で押し上げていただきたい。」

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook