2021.07.03-選挙

【都議選】世田谷区・関口太一候補「感染対策と経済活動を両立させるコロナ対策を進めたい」と最後の訴え

国民民主党公認、世田谷区より立候補中の関口太一候補は3日、世田谷区内で最後の訴えを行った。

関口太一候補は、「選挙期間中たくさんの人とお話しさせていただいた。飲食業など自営業をされている方とも多く会った。コロナのせいで商売が成り立たない、もう店を閉めようかといった声を多く聞いた。こういった人たちに新たな対策を講じないままに、二度と緊急事態宣言を出してはいけない。異次元のコロナ対策を行わなければいけない。」と感染防止と経済活動を両立させることの必要性を語った。また、東京都と政府の水際対策の甘さにも言及し、「安心・安全のオリンピックは東京都全体、国全体で本気の水際対策を行わないことには成し得ない。現行の法改正も含め早急な制度整備が求められる。私を都政に送り出していただければ、頻回抗原検査の実施など、具体的な提案を持って議論を進めていくと誓う。日本の政治が悪くなっている原因は必ずしも与党だけではない。日本の政治を、国民の生活を良くするための野党の一員として、国民民主党のスタンスを関口太一が広げていく。」と自身への投票を呼びかけた。

関口太一候補の思いやプロフィールはこちら

また、選挙期間中は所属議員らが応援に駆けつけ関口太一候補の支援を呼びかけた。以下、応援の一部を紹介する。

玉木雄一郎代表

「国民民主党はずっとオリンピックを来年秋まで再延期することを訴え続けてきた。それでもどうしてもやるというのなら、オリンピック無観客にすべき。水際対策、本当に大丈夫なのか。選手だけが飛行機に乗ってくるわけじゃない。今の制度で、選手村のある中央区の保健所だけで本当に水際対策が機能するのだろうか。国民民主党は具体的な法案や政策をもっている。それぞれに具体的な政策を出しているのは、国民民主党しかない。私たちが求める政治を都政で関口太一にやらせてほしい。」

伊藤孝恵副代表

「政治は思いのバトンリレー。与党だ野党だといがみあったり批判しあったりするのではなく、目の前のことにいっぱいいっぱいになっている政府・与党が気付かない視点を、未来に必ず必要になる視点を提示し、自分たちがその代わりになれることを国民の皆様にお示しした上で、良いものは良い、悪いものには対案を示して国民のためになる方向へ押し進めていく。そんなスタンスが、これから必要になってくると信じている。そんなスタンスを、関口太一は必ず都政に伝えていく。皆様の一瞬の期待を、関口太一に預けてほしい。最後の1日でひっくり返したい。皆様の力で、結果は変わる。どうかよろしくお願いします。」

舟山康江政調会長

「政治に欠けている正直な政治、偏らない政治、現実的な政治を根付かせるため、国民民主党は政策提案型でがんばっている。これまで提案してきた多くの政策が実現した。そんな国民民主党のスタンスをぜひ関口太一さんに都政に持っていってほしい。」

古川元久国対委員長

「関口さんは民間での経験も、実際に区議を努めた経験も持っている。きっと世田谷区の皆さんのお役に立てると、自信と責任を持って公認した候補だ。経験と目線を持った関口太一を、どうかみなさんの力で都政に送り出してほしい。」

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook