2022.11.30-党務

【男女共同参画推進本部】玉木代表と矢田本部長がマリフォー・弁護団と意見交換

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)と矢田わか子男女共同参画本部長は30日、「公益社団法人Marriage For All Japan―結婚の自由をすべての人に」(マリフォー)より「同性どうしの婚姻のための法改正を求める要請書」を受け取った。

 マリフォーは、性のあり方に関わらず、誰もが結婚するかしないかを自由に選択できる社会の実現を目指して活動する団体で、東京地裁での判決が言い渡されるのを前に意見交換を行った。

 マリフォーの皆さんからは、「結婚の自由をすべての人に」訴訟についてや、同性同士で結婚が認められないことにより、当事者たちが相続、医療福祉、親権、在留資格など、様々な困難や不利益を強いられ、尊厳を傷つけられている実情についての説明を受けた。

 玉木代表は、同性婚に対して「マリフォーの皆さんの活動によって、随分社会の認識が変わってきている。そのことを推進力にしていきたい。大事な時期を迎えているので、私たちもがんばりたい」と決意を述べた。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook