2022.09.04-党務

【岡山】「将来に希望が持てる国に変えていきたい」玉木代表が全国キャラバンで岡山県を訪問

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は4日、参議院選挙後の全国キャラバンの一環として岡山県を訪れ、国民民主党岡山県総支部連合会が主催したトークセッションと街頭演説会に、浜口誠役員室長(参議院議員/全国比例)、田村まみ国民運動局長(参議院議員/全国比例)とともに参加した。

 浜口議員は冒頭、参加者に向け「休日にこんなに多くの方にお集まりいただき感謝する。ぜひ皆さんの生の声を聞かせてほしい。必ず党として政策に繋げていく」と挨拶。田村議員は「本日お越しの皆さまにはぜひ党員・サポーターに登録いただき、一緒に国民民主党を盛り上げていただきたい」と党への協力を呼びかけた。玉木代表は参院選の結果と支援に対する謝意を述べ、「今世界は有事にある。『自分の国は自分で守る』ことが何よりも重要。防衛だけでなく食料や経済の安全保障、またエネルギーの安定供給を図るため、我々が提案している政策が必ず必要になる。将来に希望が持てる国に変えていきたいと」と昨今の国際情勢を踏まえた党の政策を聴衆に解説。講演後に行われた質疑応答では、農業政策や公務員の働き方改革について参加者との活発な意見交換が行われた。

 タウンミーティング終了後に開催された岡山駅前での街頭演説では、集まった聴衆に向け、玉木代表は「物価高対策は喫緊の課題である。また、最低賃金が上がる中で年収の壁は変わっていない。こうした課題が山積する中、国民民主党は『対決より解決』の姿勢で、先手先手の政策提言を行っている。税金を払う側の立場に立った政治や政策を実現してきたい。国民民主党は議員だけの政党ではない。この党を支援者の皆さんと共につくりあげていきたい」と聴衆に訴えた。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook