2021.09.29-党務

自民党の新総裁選出を受け、玉木代表が会見

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は29日、自民党の新総裁が選出されたことを受け、記者団の取材に応じた。冒頭発言の概要は以下のとおり。

 「今日正式に自民党の総裁に岸田文雄さんが選ばれました。まず祝意を申し上げたいと思います。その上で、今の政治の1番の課題は政治への信頼の回復だと思っています。岸田氏もですね、総裁選挙の中で信頼の回復ということを仰っておられましたので、ぜひ実践していただきたいと思います。一方で今回の選挙の結果を見ても、非常に派閥の力学が反映された結果だったのかなと。もっと言うと、安倍元総理の影響が強く表れた選挙だったのではないかなと思います。この岸田さんの掲げた政治の信頼の回復というところが、安倍元総理の影響のもとでどれだけ実現できるのか。そこは厳しく見定めていきたいと思っています。
 併せて、総裁選の中でもいくつかの政策を仰っていましたが、我々としても賛同できる政策がありました。前にも申し上げましたが、例えばコロナの影響を受けた事業者に対する業種を問わない、固定費を保障していくという考え方は、国民民主党が先の通常国会で出した法案そのものですので、もしこれが本当に今のコロナ対策として必要であるということであれば、これはすぐに国会を開いて、選挙の前でも、法案なり補正予算の編成なり、やるべきことをやって選挙に臨む、それぐらいやってもらいたいなと思っております。」

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook