2022.04.28-党務

【愛媛】「参院選は党の存亡をかけた戦い」榛葉幹事長が愛媛県連設立会見で表明

 国民民主党の愛媛県総支部連合会は28日、松山市内で県連設立の記者会見を行った。記者会見に出席した榛葉賀津也幹事長(参議院議員/静岡県)は、1日に愛媛県選管に設立の届出を行い、自身が県連代表に、石井智恵愛媛県第2区総支部長が副代表に就任したことを報告した。

 榛葉幹事長は「参院選は党の存亡をかけた戦いである。比例票の底上げを図っていきたい」と意気込みを語るとともに、参院選で特に力を入れて訴えるテーマに関して、「30年給料が上がっていない。賃上げとともに、可処分所得引き上げに取り組みたい。その最たる例がガソリンだ。車がないと生活ができない、生活の苦しい地方の人が重税を払っている」「国民民主党の主張により、補助金は5円から35円に拡大し、基準価格も172円から168円となった」と述べた。

 また、石井副代表は、先日の松山市議会議員選挙で国民民主党愛媛県第2区総支部推薦で当選した渡邉ひろゆき松山市議会議員が県連に参画することになったことに触れ、「支部推薦をした渡邉さんが上位当選した。愛媛県にも国民民主党の仲間を増やしていきたい」と力強く語った。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook