2022.10.11-党務

【長野】「日本は人に投資することでしか成長もできないし豊かになれない」玉木代表が全国キャラバンで長野県を訪問

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は11日、参議院選挙後の全国キャラバンの一環として、大塚耕平代表代行(参議院議員/愛知県)とともに長野県を訪れた。

 長野駅善光寺口で実施した街頭演説会で大塚代表代行は「長野は日本の電機産業を担ってきた産業集積地であるが、日本は産業・科学技術立国ではなくなっている。日本の未来を切り拓くには、『正直な政治』『偏らない政治』『現実的な政治』を行わなければならない。『対決より解決』『改革中道』の思いを長野県でも広めたい」と訴えた。

 続いてマイクを握った玉木代表は「年金を減らさないためにも、現役世代の給料を上げなければならない。国民民主党の『給料が上がる経済』は全世代向けの政策である。給料を上げるために、需要が供給を上回り、経済が好循環するアメリカのような状況を作りたい。また、『人づくりこそ国づくり』である。日本は人に投資することでしか成長もできないし豊かになれない。選挙がない時だからこそ、我々の政策を改めて全国で訴えていきたい」と力を込めた。

 その後、玉木代表らは長野市内で開催されたタウンミーティングに参加。玉木代表は「既存の政党の在り方を変えていきたい。選挙の時しかマイクを握らない状況を変えなければならない。国民生活が第一の政治をやるためにも、全国を回って皆さんの声を聞いている。皆さんの思いを聞かせていただきたい」と挨拶した。質疑応答では、孤独孤立問題や給料が上がらない理由、ガソリン価格の高騰などについて活発な意見交換が行われた。

 終了後、記者団からの取材に応じた玉木代表は「長野県は、地方議員が一人もいない空白県の一つ。来年の統一地方選挙で地方議員を誕生させたい」と述べた。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook