2022.09.12-党務

【高知】「我々と思いを同じくする地方議員を1人でも多く増やしていきたい」玉木代表が全国キャラバンで高知県を訪問

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は12日、参議院選挙後の全国キャラバンの一環として高知県を訪れ、国民民主党高知県総支部連合会が主催した街頭演説会に参加した。

 玉木代表は、先の参議院選挙で候補者として戦った前田強高知県連副代表からマイクを受け取り「国民民主党は議員だけでの政党ではない。国政選挙で戦うことができたのは、応援いただいた多くの支援者のおかげだ。党のあり方や意思決定のあり方も変えていく。ベンチャー政党としてスピード感のある決断をし、他党に先駆けた政策を打ち出し、全国に素早く広げていきたい」と述べたうえで、「同じ四国の中でもそれぞれの県でそれぞれの課題がある。その解決に注力するためにも、地方自治体議員の仲間が必要だ。我々と思いを同じくする地方議員を1人でも多く増やしていきたいと思っている。高知県内でも複数の自治体議員を誕生させられる可能性は十分にあるので、来春の統一自治体選挙に向けて、積極的に候補者を擁立していきたい」と訴えた。

 演説会後には記者団からの取材を受け「党員サポーターの方とのパイプと太くすることと、自治体議員の数を増やすことを大きな目標として活動している。とにかく高知県内で自治体議員を増やしたい。選挙のない時期から活動を積み重ねて、全国での認知度アップと信頼獲得をめざしていきたい」と述べた。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook