2022.08.06-党務

【広島】玉木代表が広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は6日、広島市内の平和記念公園で開催された「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」に参列し、原爆死没者への慰霊と世界平和への祈りを捧げた。

 式終了後には、同市内のホテルで「原爆死没者追悼慰霊式典」(主催:広島県原爆被害者団体協議会(広島被団協))に参列し、「唯一の戦争被爆国として、被爆の実像を伝えていくことは極めて重要だ。核廃絶に向けた動きは大変厳しい現実に直面しているが、諦めるわけにはいかない。『核抑止から核によらない抑止へと変えていく、被爆の実像を正確に世界のリーダーに伝えていく、若者のコミットメントを強化していく』という3つのアプローチで核廃絶に向けた具体的な動きを進めていくべきだ」とあいさつした。

 玉木代表は式典後に記者団の取材に応じ、「ロシアが核使用をちらつかせる中で、核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議は重要なタイミングでの会議となった。核不使用の厳守、核保有数の縮減、核管理の透明性の強化という観点で議論を注視していきたい」と述べた後、「まずはオブザーバー参加をし、被爆の実像を伝えるべきだ」と核兵器禁止条約についての具体的な見解を示した。さらには、「核兵器は人道上許されないことを胸に刻み、核兵器の使用は絶対に許されないというメッセージを世界に強く発信していかなければならない」と語った。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook