2021.12.30-党務

「党を挙げて表現の自由を守っていく」玉木代表がコミケ街宣で演説

玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は30日、コミックマーケットに併せて開催されたエンターテインメント表現の自由を守る会(AFEE)主催の「コミケ街宣」に参加し、演説を行なった。

玉木代表は「公権力による表現規制が入ることで、クリエイターの自由な創作意欲や発想力が抑制されることがあってはならない。そのためには、著作権法に限らず幅広く政策を議論していく必要があるし、当事者たちと一緒にその議論を活性化させていく必要がある。国民民主党は党を挙げて表現の自由を守っていく」と訴えた。

演説会には、先の衆議院議員選挙において比例中国ブロックから立候補した樽井良和氏も参加した。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook