2021.10.19-選挙

【長崎1区】西岡秀子候補「国家国民のために信念をつらぬいていく」

 国民民主党の玉木雄一郎代表(香川2区)と足立信也参議院幹事長(参議院議員/大分県)は19日、長崎1区から立候補している西岡秀子(にしおか・ひでこ)候補の第一声となる出陣式に駆けつけ、応援演説を行った。

 大分県選出の足立参議院幹事長は「私たちは正直な政治、偏らない政治、現実的な政治を志してやってきた。皆さんの声を聴きながら、西岡秀子なら今何が一番大事なのか、将来世代に何が一番大事なのかをしっかりと訴えられる。九州を挙げて、西岡秀子を当選させよう」と支援を呼びかけた。

 玉木代表は「この4年間、感動と感謝を持って、西岡秀子さんのブレない、信念を曲げない姿を見てきた」とはじめ、「一番最初に予算委員会で水際対策を取り上げ、出入国管理法改正が必要だと私に言ってきたのは西岡秀子さんだ。先手先手で政策を提案し、実現につなげてきたのが西岡秀子さんだ」と国会での実績も紹介。「今回の選挙の最大の争点は、これまでの古い政治を続けるのか、それとも新しい国民に寄り添った信頼できる政治を取り戻すかだ。この長崎1区は、その最も象徴となる選挙区で、全国が注目している。西岡秀子さんを先頭に、嘘や偽りのない政治を取り戻そう」と訴えた。

 西岡候補は「政治家は信なくば立たず。信念、そして信頼が政治家には一番必要だ。自分自身を律し、国家国民のために、信念を貫いていく」と訴え、「与党の議員では伝えられない皆様の切実な声を国政に届ける政治家として、引き続き長崎の役に立ちたい」と意気込みを語った。

 会場となった長崎市内の湊公園には大勢の支援者が集まった。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook