2022.08.31-党務

【奈良】「国民との絆を強くしながら一緒に未来をつくっていく」玉木代表が全国キャラバンで奈良県を訪問

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は31日、参議院選挙後の全国キャラバンの一環として奈良県を訪れ、近鉄奈良駅で街頭演説会に参加した。

 集まった観衆を前に玉木代表は「ガソリン代値下げの実現など、国民民主党は『対決より解決』をモットーに政策本位で取り組む政党だ。先の参議院選挙でも、電気代の値下げについて『再エネ賦課金の一時停止』という具体策を提案したのは国民民主党だけだ。国内外の情勢が不安定で将来が見通せない今だからこそ、与野党関係なく現実にしっかり向き合って一つでも多くの政策をカタチにしていかなければならない。国民との絆を強くしながら一緒に未来をつくっていきたい」と訴えた。

 玉木代表は、奈良県文化会館で行われたタウンミーティングでの冒頭挨拶で「奈良県は先の参議院選挙で公認候補を出せなかったが、比例代表で政党名を書いてくれた人も多く、潜在的な支持層があり、党勢拡大の余地がある」と述べた。質疑応答では、国の財政のあり方など、参加した方々と活発な意見交換が行われた。

 また、玉木代表は記者団の取材に応じ、来年の統一地方選挙について「現職の再選を第一の目標としている。その上で県連と調整のうえ積極的に候補者を立てて、奈良県内でも地方議員を増やしていく」と表明した。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook