2022.06.01-党務

【東京】「都民のため、国民のための政策を実現するため、力を与えていただきたい」玉木代表が榛葉幹事長、礒﨑都連会長、荒木予定候補者とともに演説

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は1日、錦糸町駅において、礒﨑哲史東京都連会長(参議院議員/全国比例)、参議院東京都選挙区荒木ちはる候補予定者(推薦)とともに街頭演説会を開催し、榛葉賀津也幹事長(参議院議員/静岡県)も応援にかけつけた。

 礒﨑都連会長は「都議会議員はいないが国会議員がいる国民民主党と、国会議員はいないが都議会議員が多くいる都民ファーストの会は、連携を強化しながら、共通政策の実現に向け全力で取り組んでいる」と述べ、両党の取り組みを紹介した。

 玉木代表は「昨年からファーストの会と政策協議を続け、コロナ対策を含めた6つの分野の政策協定を結んだ。特にコロナ対策は、国民民主党が提案した感染症法や特措法について、提案した中身の多くは、都民ファーストの会の皆さんと一緒につくり上げた」と述べ、「都民のため、国民のための政策を実現するために、国民民主党とファーストの会に力を与えていただきたい」と力強く訴えた。

 最後にマイクを握った荒木候補予定者は「今まで長らく問題を先送りにし、目をそらしてきた政治の責任は大変罪深い」と語ったうえで、「私たち改革中道政党が力を合わせて、日本を牽引しなければならない」と力を込めた。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook