2021.11.13-党務

玉木代表が「全国拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会」で挨拶


国民民主党の玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は13日、「全国拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会」に参加し、党を代表し挨拶した。

玉木代表は挨拶で「去年に続いて代表の私が直接参加させていただいた。国民民主党は党を挙げて、支援団体を含めて、この拉致問題を我が党の最重点課題のひとつとして取り組んでいる。政党の代表の中でブルーリボンバッジをつけているのは岸田総理と私だけだと思う」と、国民民主党とその代表としての考えを改めて表明。

「拉致問題解決は国民運動としてやっていかなければいけない。我が党の拉致問題対策本部長は川合孝典参議院議員で、拉致被害者の松本京子さんは川合議員出身の“UAゼンセン”の一員だった。また他の特定失踪者の中には、組合の家族の方もいらっしゃる。たった一つの目指すべき目標は、すべての拉致被害者の即日一括帰国。この目標を全ての関係者が共通の目標として掲げ、あらゆる努力を尽くすことが必要だ。北朝鮮に対し、条件をつけずにしっかり総理大臣が向き合っていく。そういう気運を盛り上げるためにも、衆参の拉致特別委員会を頻繁に開かなければならない。決して風化させない、決して熱を冷まさない。我々も先頭に立って尽力することをお誓い申し上げる」と、拉致問題解決に向けた決意を述べた。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook