2021.08.06-党務

【広島】玉木代表が広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列

 玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は6日、広島市内の平和記念公園で開催された「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(平和記念式典)」に参列し、原爆死没者への慰霊と世界平和への祈りを捧げた。

 玉木代表は式典後に記者団から核兵器禁止条約について問われ、「原爆投下から76年目。今年の1月に核兵器禁止条約が発効して初めての8月6日となった。残念ながら、日本は条約を批准するには至らなかったが、来年開催される締約国会議にオブザーバーとして参加して、核保有国と非保有国との橋渡し役を務めるべきだ。ぜひ参加して唯一の戦争被爆国としての日本の立場を伝えるべきだと強く思う」と述べた。さらには、「どういう安全保障環境が整えば条約に署名・批准ができるかという議論を国会内で行うべきで、例えば、安全保障委員会の中に核廃絶小委員会を設けるなどして、絶えない議論を続けていくことが大事だ。国会内でしっかり訴えていきたい」と語り、核兵器禁止条約を批准するための道筋について具体的な見解を示した。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook