2021.07.03-党務

【都議選】選挙戦最終日、候補者紹介!

 6月25日に告示され7月4日に投開票を迎える東京都議会議員選挙において、国民民主党は以下の4名を公認している。また、本日各所で行われる各公認候補の演説には、所属国会議員が応援に駆けつける。玉木雄一郎代表の応援演説の様子は、党公式YouTubeにて完全生配信を予定。配信のアーカイブも残るため、リアルタイム以外での視聴や東京都外からも視聴することができる。

党公式YouTube ここまでの活動の様子

関口太一(世田谷区)

1975年10月27日生(45歳)大阪府豊中市出身
家族:妻、長女、次女
趣味:料理 好きな食べ物:焼肉、たこ焼き
民間企業での営業、区議会議員、都議会議員、落選、仕事探し、国会議員秘書、中小企業経営、子育てを経験。経験と目線を駆使し、社会の現場に横たわる不安や不条理と真正面から向き合い、迅速に現場と政治をつなげて課題解決に導く。「困難からの再起(=Reborn)」が可能な社会を実現するべく、再び、都政に挑む。 もっと見る

大沢のぼる(墨田区)

昭和40年3月生まれ。
第三吾嬬小学校・吾嬬第一中学校・駒澤大学高等学校・駒澤大学卒業。代議士秘書を務めた後、証券・金融分野でサラリーマンとして経験を重ね、平成5年に東京都議会議員に初当選。3期にわたり安心できる暮らしを約束する環境整備と治安強化、地元消防団活動で積重ねた経験を活かした防災対策、下町に暮らす住民の命を守る救命救急医療の充実、「人づくりなくして国づくりなし」の思いのもと、人材育成と教育の質を向上に取り組む。浪人を機に就労者の処遇改善や男女共同参画、子育て・介護支援に取り組むUAゼンセンで活動を展開。現在、田村まみ参議院議員秘書。都政復帰に向けて活動中。 もっと見る

おきつ秀憲(北多摩第2)

日本大学鶴ヶ丘高・日本大学経済学部卒
株式会社イトーヨーカドー入社。その後家業継承。
1998年 株式会社フレーバーライフ社創業
1999年 国分寺市議会議員初当選 以後3期連続当選
2009年 東京都議会議員初当選
徹底的に政策論争を行い、生活に役立つ政治を目指し国民民主党を選択。コロナ禍の中、生活に苦労されている、ひとり親家庭・若年者・子供支援など待ったなしの政策立案並びに政策実行が今まさに求められている中で、皆様の暮らしに役立つ政治を徹底的に追及していく。 もっと見る

岡高志(大田区)

1976年 3月生まれ 45歳 O型 
1999年 東京大学法学部 卒業
2020年 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 修了
信託銀行の蒲田支店で社会人生活をスタート。大田区の中小企業の社長さんや奥様方に社会人として鍛えられました。大田区石川町に自宅も購入し、大田区に暮らし、働く。区議会議員を8年務め、すべての議会で質問した唯一の議員。大田区長選挙に挑戦し56,778票賜るも、次点惜敗。区長選挙落選後は政治から離れた立場で、行政書士・社会福祉士として活動。 もっと見る

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook