2021.06.17-党務

国民民主党 代表記者会見(2021年6月17日)

【冒頭発言概要】

 先ほど、アドバイザリーボードに対して専門家の先生方から今後の感染拡大のシミュレーションが提出されました。それによりますとデルタ株が非常に広がった場合、また五輪を開催して人流が増えた場合、早くて7月前半から宣言再発令が必要な状況も生じるということです。どのようなパターンであってもパラリンピックを開催するときにかなり波が来ることが予想されますので、本日、緊急事態宣言解除が東京はじめ沖縄を除いた地域でされますが、本当に大丈夫かという懸念を拭うことができません。

 我々としてはしっかり検証した上で安全安心な五輪を開催できるかどうかまずしっかり検証すべきだと申し上げてきましたが、どうしてもやるということならこうしたリスクに対してしっかり耳を傾けるべきだと思います。今講じようとしている対策が国際的に約束した安心安全を確保するものになっているのか、政府には国民と世界に対して明確に説明する責任があります。

 我々国民民主党は、どうしても五輪をやるべきだというなら2つのことをやるべきだと思っています。まずすべての五輪関係者にワクチン接種を義務づけ、接種証明を求めること。また国内移動もかなり出るので、国内については無観客にすることです。せめてこの二つをやらないと安全安心な大会にならないでしょう。観客を入れない場合であっても緊急事態宣言の解除によって人流が増え感染者増えるというシミュレーションがありますので、それでも不十分だとは思いますが、開催するなら必要条件として入国者全員にワクチン接種証明求めることと、国内には観客を無観客にすることが必要だと思います。

国民民主党公式SNS

  • Twitter

    Twitter

  • YouTube

    YouTube

  • Instagram

    Instagram

  • LINE

    LINE

  • Facebook

    Facebook